給湯専用からガス多機能給湯器へ 

[ 2009年12月 3日 ]
確か約15年ほど前に自分が給湯器を交換した南砺市荒木のKさん宅。給湯専用の給湯器だったのだが、この度、追い炊き+居間のファンコンベクタによる温水暖房を提案。寒いタイル張りのお風呂に浴室暖房乾燥機の追加提案もご採用いただき、工事をさせていただいた。

2009_12_04_kyue_before.jpg

まずは追い炊き配管。給湯器から浴室までは約10メートルの長さ。床下を這わせ、浴室近くで一旦外に出て壁側に穴をあける。砂利は出てくるはの難工事。

まずは、浴槽に循環金具を設置。寒い日は、さめたら少しお湯を捨てていたとか。これからはボタン一発で速攻で追い炊きしてくれます。

そして、浴室暖房乾燥機。

これからは、寒い日もあったかなお風呂に入れます(^^♪!
寒い日は、先に入るのを「じゃんけん」で順番を決めていたとか。

また、梅雨時や冬場は、お風呂が物干し場に変身です。



2009_12_03_kyue_bathhot.jpg

そして、温水暖房端末機の設置。居間のM社灯油+電気のクリーンヒーターエアコンを撤去。既に壊れていて使っていなかったらしい。そのスペースに温水端末用の床コンセントを付け、ファンコンベタ(大)を設置。

2009_12_03_kyue_onsui-heater.jpg

下は、翌日撮影の給湯器本体です。

2009_12_04_kyue_after_1.jpg
2009_12_04_kyue_after_2.jpg

WithGas 住宅の完成です。

コンロも1世代前の内炎式のリンナイ・ガラストップコンロを使っていただいています。

Kさん宅、今月から、特割ガス料金「あったかライフ料金」となります。ガスのパワーを体感していただきたい。ありがとうございました!

今回ご採用いただいたのは、

リンナイ・エコジョーズ 給湯暖房機 RVD-E2400SAW2-1

                 ファンコンベクタ  RFM-Y53EA

               浴室暖房乾燥機 RBH-W312KSND